市場ニュース

戻る
2016年08月10日07時00分

【注目】本日注目すべき【好決算】銘柄 戸田建、浅沼組、ソースネクス (9日大引け後 発表分)

戸田建 <日足> 「株探」多機能チャートより

※決算発表の集中期間(7月25日~8月12日)は、『決算特報』を毎日3本配信する予定です。

 1.★本日の【サプライズ決算】 速報  <16時>に配信
 2.★本日の【サプライズ決算】 続報  <18時>に配信
 3.★本日の【イチオシ決算】      <21時>に配信
ご注目ください。なお、配信時間は多少前後します。

 9日引け後に決算を発表した銘柄のなかから、業績好調や配当増額など市場で評価される可能性の高い銘柄を取り上げた。

 戸田建 <1860>   ★4-6月期(1Q)経常は43%増益・上期計画を超過
 ◆17年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比42.6%増の77.6億円に拡大して着地。民間建築を中心とする高水準な手持ち工事が順調に進む中、選別受注が奏功し、採算が大きく改善した。
  上期計画の75億円を既に3.6%上回っており、業績上振れが期待される。

 浅沼組 <1852>   ★上期経常を2.1倍上方修正
 ◆17年3月期上期(4-9月)の連結経常利益を従来予想の9.6億円→19.7億円に2.1倍上方修正。減益率が59.9%減→17.6%減に縮小する見通しとなった。手持ち工事が順調に進み、売上が計画を上回ることが寄与。選別受注による工事採算の改善も利益を大きく押し上げる。

 ソースネクス <4344>   ★4-6月期(1Q)経常は77%増益
 ◆17年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比76.9%増の4.9億円に拡大して着地。「Windows 10」のリリースで主力のウイルス対策ソフトなどの販売が大きく伸びたことが寄与。自社オンラインショップの好調やスマホアプリの売上増加も収益を押し上げた。
  上期計画の7.6億円に対する進捗率は65.1%に達しており、業績上振れが期待される。

 EMシステム <4820>   ★4-6月期(1Q)経常は2.2倍増益
 ◆17年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比2.2倍の6.6億円に急拡大して着地。主力の調剤薬局向けシステム事業で新規販売や調剤報酬改定に伴うシステム変更の受注が伸びたことが寄与。コスト削減による販管費の抑制も大幅増益に貢献した。
  上期計画の10.8億円に対する進捗率は61.7%に達しており、業績上振れが期待される。

 ジオスター <5282> [東証2]  ★上期経常を96%上方修正
 ◆17年3月期上期(4-9月)の連結経常損益を従来予想の4.5億円の黒字→8.8億円の黒字(前年同期は2.3億円の赤字)に95.6%上方修正。主力のトンネル部材や防潮堤などの販売が伸び、売上が計画を11.2%も上回ることが寄与。工場安定生産の継続や原価低減による採算改善も上振れに貢献する。

 ダイコク電 <6430>   ★4-6月期(1Q)経常は2.1倍増益・上期計画を超過
 ◆17年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比2.1倍の13.9億円に急拡大して着地。パチスロ遊技機の新作「探偵歌劇ミルキィホームズTD」の販売が大きく伸びたことが寄与。情報システムの研究開発費などが第2四半期にずれ込んだことも大幅増益につながった。
  上期計画の2億円を既に7倍も上回っており、業績上振れが期待される。

 スノーピーク <7816>   ★上期経常を30%上方修正
 ◆16年12月期上期(1-6月)の連結経常利益を従来予想の3.7億円→4.9億円に30.2%上方修正。増益率が38.6%増→80.5%増に拡大する見通しとなった。主力のアウトドア用品の販売が好調で、売上が計画を上回ったことが寄与。想定以上に円高が進み仕入コストが減少したことも利益を大きく押し上げた。

株探ニュース

日経平均