市場ニュース

戻る
2016年08月05日18時05分

【市況】来週の株式相場見通し=決算一巡で手控えムード、日銀のETF買い入れが下支え

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより
 来週(8~12日)東京株式市場は、週後半に向けて4~6月期決算の発表が一巡することに加え、リオ五輪開催や企業のお盆休み期間に差し掛かることもあり、手掛かり材料難や市場参加者減少により、売り買いともに手控えムードが強まりそうだ。

 ただ、そのなかで日銀は4日に、前日の買い入れ額の合計に比べて約2倍の水準となる700億円超の上場投資信託(ETF)を買い入れたと発表しており、この買い入れ額拡大の存在が下支え要因となりそうだ。日経平均株価の想定レンジは1万5900~1万6700円とする。

 市場関係者からは「7月29日まで開催された日銀の金融政策決定会合で、ETFの買い入れ額を従来の年間3兆3000億円から同6兆円に倍増させると決めたことで、その動向に関心が集まるなか、日銀が4日にETFを707億円買い入れたと発表したことに“迅速な対応”との評価もある」との見方が出ていた。

 一方で、日本時間今夜発表される米7月の雇用統計にも左右されるが、外国為替市場での円高進行は引き続き大きなリスク要因として意識されそうで警戒が必要だ。1ドル=100円を超える円高ゾーンに突入した場合、1万5000円台での下値模索を強いられる可能性が高い。

 日程面では、6月の国際収支、7月の景気ウォッチャー調査、7月28~29日開催の日銀金融政策決定会合「主な意見」(8日)、7月のマネーストック(9日)、6月の機械受注、7月の国内企業物価指数、7月の都心オフィス空室率、6月の第3次産業活動指数(10日)、初施行「山の日」の祝日(11日)、オプションSQ(12日)に注目。

 海外では、中国7月の貿易収支(8日)、中国7月の消費者物価・生産者物価(9日)、米7月の財政収支(10日)、中国7月の鉱工業生産・小売売上高・都市部固定資産投資、米7月の小売売上高・生産者物価、ユーロ圏4~6月期GDP(12日)が焦点となる。(冨田康夫)

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均