市場ニュース

戻る
2016年08月02日13時16分

【市況】日経平均は134円安で後場スタート、ソフトバンクグが一段高で6000円を回復/後場の寄り付き概況

日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより

日経平均 : 16501.27 (-134.50)
TOPIX  : 1309.71 (-12.12)

[後場寄り付き概況]

 日経平均は前引け値から下げ幅を広げて始まり、その後は再び16500円を下回ってきている。ランチタイムの225先物は16470-16490円辺りでのもち合いが続いており、現物の後場寄り付き直後には一気に16420円まで押している。昼のバスケットは売り買い均衡との観測。円相場は1ドル102円半ばと、朝方からは若干円安に振れて推移している。日銀によるETF買入れ額の増額に対する市場への影響を見極めたいとのムードが強く、前場が下げて終えており、後場についてはインパクトを見極めたいとするムードに。

 指数インパクトの大きいところでは、ソフトバンクグ<9984>が一段高で6000円を回復。一方で、ファーストリテ<9983>は下げ幅を拡大させている。

《WA》

 提供:フィスコ

日経平均