市場ニュース

戻る
2016年07月29日13時08分

【特集】<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」4位に任天堂

任天堂 <日足> 「株探」多機能チャートより
「みんなの株式」が集計する「個人投資家の予想(最新48時間)」の29日正午現在で、任天堂<7974>が「売り予想数上昇」4位となっている。

 任天堂が後場プラスに転換。同社は米国を中心に海外で空前の大ヒットとなったスマートフォン用ゲーム「ポケモンGO」を材料に株価を急騰させたが、国内配信が始まった7月22日を境にトレンドが転換、その後は急速な調整局面に入っていた。低調な第1四半期決算やポケモンGOの周辺機器である「ポケモンGOプラス」の発売延期などが下げを助長する要因となったが、2万円トビ台は値ごろ感も意識され下値を拾う動きが強まった。

 SMBC日興証券が29日付で投資評価を「3」から「2」に引き上げ、目標株価も1万4500円から2万1500円に上方修正するなど、ポジティブな流れも形成され始めている。米投資会社キャピタル・リサーチ・アンド・マネージメントが追加売却し、保有株比率を低下させているが影響は限定的となっている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均