市場ニュース

戻る
2016年07月28日09時07分

【市況】個別銘柄戦略:好決算発表銘柄などに個別物色へ


米FOMC声明文は想定よりもハト派スタンスであったとみられ、円高への懸念が上値を抑えることになろう。政策期待で前日に上昇した反動も強まる余地があろう。物色は決算関連銘柄に引き続き集中する公算。前日の決算銘柄ででは、ファナック、アドバンテスト、日立化成、日立ハイテクなどがポジティブか。日産などにも安心感が強まると見られる。一方、富士フイルムなどはネガティブと見られるほか、航空電子や日立建機などはアク抜け感の台頭の有無などが注目される。ほか、商品市況下落などで資源関連にはややネガティブな見方が継続も。

《KS》

 提供:フィスコ

日経平均