市場ニュース

戻る
2016年07月28日07時00分

【注目】本日注目すべき【好決算】銘柄 タカラバイオ、アドテスト、大日本住友 (27日大引け後 発表分)

タカラバイオ <日足> 「株探」多機能チャートより

※決算発表の集中期間(7月25日~8月12日)は、『決算特報』を毎日3本配信する予定です。

 1.★本日の【サプライズ決算】 速報  <16時>に配信
 2.★本日の【サプライズ決算】 続報  <18時>に配信
 3.★本日の【イチオシ決算】      <21時>に配信
ご注目ください。なお、配信時間は多少前後します。


 タカラバイオ <4974>   ★4-6月期(1Q)経常は3倍増益で着地
 ◆17年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比3.0倍の6.5億円に急拡大して着地。主力のバイオ産業支援事業で研究用試薬の販売が大きく伸びたことが寄与。売上構成の良化による採算改善も大幅増益に貢献した。

 大日本住友 <4506>   ★4-6月期(1Q)経常は2.7倍増益で着地
 ◆17年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比2.7倍の126億円に急拡大して着地。北米で利益率の高い抗精神病薬「ラツーダ」の販売が好調だったことが寄与。円高で販管費が減少したことも利益拡大に貢献した。
  上期計画の160億円に対する進捗率は79.3%に達しており、業績上振れが期待される。

 インテリW <4847> [JQ]  ★前期経常を35%上方修正
 ◆16年6月期の連結経常利益を従来予想の5.4億円→7.3億円に35.2%上方修正。増益率が10.2%増→49.0%増に拡大する見通しとなった。クレジットカード関連や証券会社向けシステム開発の受注が伸び、売上が計画を10.9%も上回ったことが利益を押し上げた。

 ファンケル <4921>   ★今期最終を3.3倍上方修正、配当も24円増額
 ◆17年3月期の連結最終利益を従来予想の19億円→62億円に3.3倍上方修正。増益率が3.6倍→12倍に拡大する見通しとなった。販売代理店2社の株式売却に伴い、売却益44.5億円が発生することが主因。
  業績上振れに伴い、今期の年間配当を従来計画の34円→58円(前期は34円)に増額修正。配当利回りが3.90%に急上昇し配当取りを狙う買いが期待される。

 アドテスト <6857>   ★今期税引き前を15%上方修正
 ◆17年3月期第1四半期(4-6月)の連結税引き前利益は前年同期比2.4倍の61.7億円に急拡大して着地。中・低価格帯のスマートフォンの需要拡大を背景に、半導体試験装置の販売が大きく伸びたことが寄与。好採算製品の売上構成比率が上昇し採算が改善した。
  第1四半期業績の好調に伴い、通期の同利益を従来予想の100億円→115億円に15.0%上方修正した。

 日立ハイテク <8036>   ★上期税引き前を一転3%増益に上方修正
 ◆17年3月期上期(4-9月)の連結税引き前利益を従来予想の172億円→230億円に33.7%上方修正。従来の23.0%減益予想から一転して3.0%増益見通しとなった。利益率の高い医用分析装置や半導体製造装置(測長SEM)の販売が想定より伸びることが寄与。

株探ニュース

日経平均