市場ニュース

戻る
2016年07月28日08時48分

【市況】28日の株式相場見通し=イベント控えで模様ながめ

NYダウ <日足> 「株探」多機能チャートより
 28日の東京株式市場は、日銀の金融政策決定会合の内容発表を翌日に控えて、模様ながめムードが強まりそうだ。28日早朝の東京外国為替市場では、1ドル=105円10銭台と前日に比べて円高・ドル安での推移となっている。

 27日の米株式市場では、NYダウ平均株価が前日比1.58ドル安の1万8472.17ドルと3日続落。米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明文では、追加利上げ時期について明確な見通しが示されず、米連邦準備制度理事会(FRB)は追加利上げについて慎重姿勢で臨むとの受け止めが広がったものの引けにかけ値を消した。ナスダック総合株価指数は、前日比29.763ポイント高の5139.810と続伸した。

 日程面では、合成樹脂を製造し販売する再生樹脂製造販売事業や、産業廃棄物処理事業を手掛けるリファインバース<6531>が東証マザーズに新規上場する。さらに、日銀の金融政策決定会合(~29日)、6月の乗用車8社の生産・輸出実績、6月の建設機械出荷額、6月のパソコン国内出荷実績に注目。海外では、中国最大級のゲーム展示会「チャイナジョイ2016」(~31日)が焦点となる。(冨田康夫)

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均