市場ニュース

戻る
2016年07月26日18時28分

【テク】日経平均テクニカル:16300円近辺での踏ん張りをみせたい


大幅に続落。マドを空けての下げとなり、ボリンジャーバンドでは+1σを割り込んだ。一目均衡表では転換線を下回って始まると、早い段階で雲上限を割り込み、雲下限に接近してきている。遅行スパンは下向きで推移しているが、上方転換シグナルが継続している。パラボリックはSAR値が16265円辺りに位置しており、陰転シグナル発生が警戒される。MACDについてもシグナルとの乖離が急速に縮小してきており、こちらも陰転シグナルが意識されてくる。新値足については3本足が陰転している。価格帯別出来高では商いが積み上がっている16600-16800円レベルが抵抗に。雲下限が切り下がりをみせてくるため、ボトムを見極めたいところであろう。まずは、英国EU離脱ショック前水準の16300円近辺での踏ん張りをみせたいところ。
《MT》

 提供:フィスコ

日経平均