市場ニュース

戻る
2016年07月26日09時39分

【材料】リプロセルが4日ぶり反発、尿からiPS細胞を作製するサービスを開始と報じられる

リプロセル 【日足】
多機能チャートへ
リプロセル 【日中足】

 リプロセル<4978>が4日ぶりに反発。きょう付の日経産業新聞で、「尿の検体から研究用のiPS細胞を作製するサービスを新たに開始する」と報じられており、これを好材料視した買いが入っている。

 記事によると、米国子会社であるステムジェント社が開発したiPS細胞作製方法を活用するという。従来は患者の血液や皮膚からiPS細胞を作製していたが、検体の入手が容易な尿に含まれる細胞を使うことで、より手軽に作製することが可能になるとしており、大学や研究機関、製薬企業などを対象に潜在的なニーズは大きいとみられている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均