市場ニュース

戻る
2016年07月22日07時00分

【注目】本日注目すべき【好決算】銘柄 日新電、サイバー、BEENOS (21日大引け後 発表分)

日新電 <日足> 「株探」多機能チャートより
 21日引け後に決算を発表した銘柄のなかから、業績好調や配当増額など市場で評価される可能性の高い銘柄を取り上げた。

 日新電 <6641>   ★4-6月期(1Q)経常は499倍増益で着地
 ◆17年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比499倍の24.9億円に急拡大して着地。利益率の高い薄型ディスプレー製造用イオン注入装置の販売が大きく伸びたことが寄与。原価低減に取り組んだことも大幅増益に貢献した。
  上期計画の25億円に対する進捗率は99.8%に達しており、業績上振れが期待される。

 BEENOS <3328> [東証M]  ★10-6月期(3Q累計)経常は12%増益・通期計画を超過
 ◆16年9月期第3四半期累計(15年10月-16年6月)の連結経常利益は前年同期比12.5%増の11.6億円に伸びて着地。積極的な広告宣伝が奏功し、ブランド中古品買取販売サイトの利用者、買取件数がともに増加したバリューコマース部門の収益が急拡大したことが寄与。
  通期計画の9.5億円を既に22.3%も上回っており、通期上振れが期待される。

 レッグス <4286>   ★上期経常を一転22%増益・最高益に上方修正
 ◆16年12月期上期(1-6月)の連結経常利益を従来予想の2.7億円→3.9億円に44.7%上方修正。従来の15.6%減益予想から一転して22.1%増益を見込み、2期ぶりに上期の過去最高益を更新する見通しとなった。アミューズメントや飲料向け販売促進関連の受注が伸び、売上が計画を上回ったことが利益を押し上げた。

 サイバーエージェント <4751>   ★今期経常を一転5%増益・最高益に上方修正
 ◆16年9月期の連結経常利益を従来予想の274億円→340億円に24.1%上方修正。従来の15.2%減益予想から一転して5.2%増益を見込み、3期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。スマートフォン向けゲームのヒットタイトルが増加し、課金収入が想定より伸びることが寄与。インターネット広告もスマホ向けが好調に推移している。
  同時に、9月末割当で1→2の株式分割を実施すると発表。流動性の向上や投資家層の拡大を好感する買いも期待される。

株探ニュース

日経平均