市場ニュース

戻る
2016年07月19日15時56分

【市況】国内大手証券、大手行の株価急落は行き過ぎ、三菱UFJと三井住友FGのトップピックを継続

三菱UFJ <日足> 「株探」多機能チャートより
 国内大手証券の銀行セクターのリポートでは、再び大手行に関する質問が増えてきていると指摘。リーマンショック時に比べ大手行のバランスシートは格段に改善しているため株価急落は行き過ぎと考え、大手行に対する強気スタンスを継続。

 個別銘柄では、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>と三井住友フィナンシャルグループ<8316>のトップピックを継続して、非金利収益が継続的に増加しているみずほフィナンシャルグループ<8411>、好調な消費者ローンや預金金利の下げ余地等から新生銀行<8303>にも注目している。
《MK》

株探ニュース


日経平均