市場ニュース

戻る
2016年07月19日11時12分

【市況】11時時点の日経平均は6日続伸、任天堂が大幅続伸しポケモン関連物色も継続

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより

11時00分現在の日経平均株価は16549.16円(前週末比51.31円高)で推移している。18日の米国市場では、NYダウが16ドル高と小幅ながら7日続伸した。週末に発生したトルコのクーデターは未遂に終わり、過度な警戒感が後退した。為替相場は朝方に1ドル=106円台と円安推移しており、日経平均はこうした流れを受けて114円高からスタートした。寄り付き後は一時16658.11円(同160.26円高)まで上昇する場面があったが、前週に計1390円上昇していたこともあり、買い一巡後は上げ幅を縮めている。

個別では、スマートフォンゲーム「Pokemon GO」の好調で話題の任天堂<7974>が9%高で推移している。株価は10年5月以来の3万円台を回復した。その他売買代金上位では、前週末にストップ高を付けたファーストリテ<9983>や、ソニー<6758>、村田製<6981>、NTT<9432>、ファナック<6954>などが堅調。一部証券会社の目標株価引き上げが観測されているVテク<7717>は6%高に。また、ポケモン関連物色でハピネット<7552>、イマジカロボッ<6879>、サノヤスHDがストップ高まで買われ、東証1部上昇率上位となっている。一方、トヨタ自<7203>が小安く、三井住友<8316>、キーエンス<6861>、JT<2914>、みずほ<8411>もさえない。また、英半導体設計大手アーム・ホールディングスの買収を発表したソフトバンクグ<9984>や、上場2日目のLINE<3938>が10%安で推移しており、東証1部下落率上位となっている。

《HK》

 提供:フィスコ

日経平均