市場ニュース

戻る
2016年07月19日08時29分

【市況】前場に注目すべき3つのポイント~「ポケモノミクス」継続、日経平均はソフトバンクグが重石か

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

19日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

■株式見通し:「ポケモノミクス」継続、日経平均はソフトバンクグが重石か
■外資系証券の注文動向:差し引き620万株の買い越し
■前場の注目材料:地銀7行、フィンテックの開発や導入で連携



■「ポケモノミクス」継続、日経平均はソフトバンクグが重石か

19日の日本株市場は、買い先行後はこう着感の強い展開になりそうである。18日の米国市場はNYダウが小幅ながら7営業日続伸だった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比50円高の16610円となり、まずはこれにさや寄せする格好となろう。

週末に発生したトルコのクーデターは未遂に終わり、過度な警戒感は後退した格好であろう。ただし、企業業績に影響を与える可能性があるため、しばらくは見極めムードにつながりそうだ。また、米国ではスプリントが下落しており、ADRでソフトバンクグ<9984>は7%程度下げている。英半導体会社買収に対する市場の評価を見極めたいとする流れもあり、上値の重石になりそうだ。

また、先物市場では本日より寄付き時間が8時45分に前倒しされる。先物の動向に過剰反応しやすい地合いになりそうであり、これも手控え等につながりやすい。その他、東証マザーズ指数を対象とした先物取引がスタートする。SOSEI<4565>、ミクシィ<2121>、サイバーダイン<7779>等の時価総額の大きい銘柄の動向が注目されよう。

なお、日経平均は先週、一時16600円を回復している。16600-16800円は価格帯別出来高で商いの膨れている水準である。いったん上値を抑えられやすいところだろうが、テクニカル面では反対にトレンドが出やすい期間でもある。一目均衡表では雲がねじれを起こし、雲下限は16542円辺りから週末には16218円辺りまで切り下がる。そのため、雲を突破してくる可能性が高く、シグナルが好転してくる。

先週好パフォーマンスをみせた任天堂<7974>については、過熱警戒感もあるが、TOPIXインパクトが意識される時価総額水準でもあり、パフォーマンスの観点から組み込まざるを得ない状況である。今週も「ポケモノミクス」相場が意識されそうである。


(株式部長・アナリスト 村瀬智一)



■外資系証券の注文動向:差し引き620万株の買い越し

朝の外資系証券5社経由の注文状況は、売り310万株、買い930万株、差し引き620万株の買い越しとの観測。なお、直近5日分の注文動向は以下の通り。


7月11日(月):210万株の買い越し
7月12日(火):220万株の買い越し
7月13日(水):1290万株の買い越し
7月14日(木):10万株の買い越し
7月15日(金):140万株の買い越し


■前場の注目材料

・NYダウは上昇(18533.05、+16.50)・NY原油(45.24、-0.71)
・東証マザーズ指数先物取引開始
・地銀7行、フィンテックの開発や導入で連携
・みずほ<8411>、SBI<8473>と共同でフィンテックを活用した海外送金システムを開発へ
・四国電力<9507>、伊方原発3号機の再稼動は8月上旬以降へずれ込む見通し
・JDI<6740>、パソコン向け中型液晶パネルの量産を年内に始める
・伊藤忠<8001>、米で風力発電3ヶ所目


☆前場のイベントスケジュール


<国内>
・特になし


<海外>
・10:30 豪準備銀行の7月理事会議事要旨発表

《WA》

 提供:フィスコ

日経平均