市場ニュース

戻る
2016年07月14日12時01分

【特集】<話題の焦点>=7月29日から「シン・ゴジラ」公開

東宝 <日足> 「株探」多機能チャートより
12年ぶりの新作で関連株吠える!

 7月29日からゴジラシリーズの最新作映画「シン・ゴジラ」が全国の東宝<9602>系で公開される。「シン・ゴジラ」はシリーズ第29作「ゴジラ FINAL WARS」以来約12年ぶりの新作で、「ヱヴァンゲリヲン」で高い評価を得ている庵野秀明氏が総監督・脚本を手掛けることも話題となっている。14年に公開されたハリウッド版「GODZILLA ゴジラ」の世界的大ヒットを受け、海外でも本家本元「ゴジラ」新作への期待が高く関連銘柄が改めて話題になりそうだ。

 ゴジラの最新作については社内組織「ゴジコン(ゴジラ戦略会議)」のもと公開へ向けて東宝はさまざまなPRを展開、大ヒットへ向けてまい進している。また、ソニー<6758>傘下のソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(SIEJA)と共同でPlayStationVR(プレイステーション ヴィーアール=PS VR)向けの“「シン・ゴジラ」スペシャルデモコンテンツ for PlayStation VR(仮称)”の制作も進めており、10月13日のPS VR発売と同時に、期間限定で無料配信する予定。

 7月10日にはスターフライヤー<9206>とのコラボによる“シン・ゴジラジェット”の機体が披露され、映画のロゴとともに、縦5メートル、横8メートルのゴジラが描かれた機体が1日6便、全国6都市に12月まで就航することも発表された。セブン&アイ・ホールディングス<3382>傘下のセブン‐イレブンでは限定のグッズ付き前売券を発売、バンダイナムコホールディングス<7832>傘下のバンダイではフィギュアなどの関連商品を販売している。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均