市場ニュース

戻る
2016年07月14日07時03分

【市況】NY株式:ダウは24ドル高、連日の株価上昇受けた利益確定

NASDAQ <日足> 「株探」多機能チャートより

13日の米国株式相場はまちまち。ダウ平均は24.45ドル高の18372.12、ナスダックは17.09ポイント安の5005.73で取引を終了した。米景気の拡大期待から買いが先行したものの、原油相場の下落が嫌気されたほか、米主要株価指数が2日続けて最高値を更新したことで利益確定の売りも広がり、上値の重い展開となった。ダウ及びS&P500種指数は最高値を更新した。セクター別では、運輸や公益事業が上昇する一方でエネルギーや小売が下落した。

製薬のバリアント・ファーマシューティカルズ(VRX)は大株主であったセコイア・ファンドが同社株をすべて売却したことが報じられ、下落。原油相場の下落を受けてエクソン・モービル(XOM)やシェブロン(CVX)などエネルギー関連企業が軟調推移。一方で、バイオ医薬品のジュノ・セラピューティクス(JUNO)は食品医薬品局(FDA)から白血病治療薬の臨床試験再開を許可され、上昇した。

ファストフードのヤム・ブランズ(YUM)はマーケット終了後に4-6月期決算を発表、売上高は予想を下振れたものの、一株利益は上振れた。時間外取引で上昇して推移している。



Horiko Capital Management LLC

《TM》

 提供:フィスコ

日経平均