市場ニュース

戻る
2016年07月10日18時05分

【市況】今週の【JASDAQ市場】7月4~8日『相対的に中小型株はさえない動きに』

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

【中小型株での循環物色が続く、イナリサーチなどがストップ高】4日(月)

■概況■2477.56、+22.90
4日(月)のJASDAQ市場では、JASDAQ平均、JASDAQ-TOP20、J-Stock Indexともに続伸となった。値上がり:422銘柄、値下がり:158銘柄、変わらず:65銘柄。日経平均が反落スタートとなるなか、JASDAQ平均は買いが先行するとその後も上げ幅を広げる展開となった。前週から外部環境の影響を受けにくく、値動きの軽い中小型株での循環物色の流れが継続している。

◆注目銘柄◆
内外テック<3374>、イナリサーチ<2176>、ニューテック<6734>がストップ高で取引を終えた。イナリサーチは業務提携が、ニューテックは第1四半期の黒字転換がそれぞれ好感された。また、第3四半期で通期利益計画を超過したKTK<3035>や、アスコット<3264>、EAJ<6063>などは2ケタの上昇率となった。ネクストウェア<4814>やシダー<2435>は引けにかけて伸び悩んだが上昇が目立った。その他売買代金上位では、セプテーニHD<4293>、日本ラッド<4736>、FVC<8462>などが堅調だった。一方、ソフトフロント<2321>、平田機工<6258>、DAC<4281>などが軟調。また、アクサスホールディン<3536>、フジタコーポ<3370>、ピクセルCZ<2743>がジャスダック下落率上位となった。


--------------------------------------


【日経平均反落で中小型株にも利食い売り波及】5日(火)

■概況■2465.77、-11.79
5日(火)のJASDAQ市場では、JASDAQ平均、JASDAQ-TOP20、J-Stock Indexともに反落となった。値上がり:211銘柄、値下がり:365銘柄、変わらず:78銘柄。JASDAQ平均は小高く寄り付いた後は伸び悩み、後場はやや下げ幅を広げる動きになった。欧州金融株安などを受けて日経平均が売り先行となり、中小型株にも利食い売り圧力が波及する形に。25日移動平均線までの戻りで、短期的なリバウンド達成感も生じる格好となったようだ。


◆注目銘柄◆
エンルートなどが垂直離着陸機を開発との報道でグラファイトD<7847>が急伸。シダー<2435>は参院選前の思惑もあり短期資金主導で急騰。MAGネット<8073>、イーター電機<6891>などの低位株も賑わう。FVC<8462>、トレイダーズ<8704>なども買われる。半面、ネクストウェア<4814>、フジタコーポ<3370>、ソフトフロント<2321>などは直近急伸の反動で利食い売り優勢。アスコット<3264>も急反落。JASDAQ-TOP20では、SOMPOケアメッセ<2400>がしっかり。一方、ベクター<2656>、クルーズ<2138>、セリア<2782>などがさえない。


--------------------------------------


【リスクオフの流れに押されて続落】6日(水)

■概況■2443.53、-22.24
6日(水)のJASDAQ市場では、JASDAQ平均、JASDAQ-TOP20、J-Stock Indexともに続落となった。値上がり:123銘柄、値下がり:467銘柄、変わらず:64銘柄。JASDAQ平均は安寄り後も前引けにかけて下げ幅を広げる動きとなった。英国のEU離脱に伴う欧州懸念が再燃、為替市場での一段の円高など全般リスクオフの流れに押された。後場は日経平均の下げ渋りでやや値を戻す格好に。マザーズ市場のバイオ関連の一角が寄り付きから急落したことも逆風に。


◆注目銘柄◆
エスプール<2471>が好決算で買われる。マクドナルド<2702>もディフェンシブ性から堅調な動き。ぱど<4833>、シダー<2435>、アビックス<7836>、新日建物<8893>なども賑わう。半面、アイレックス<6944>は過熱感から急反落。前日急伸のグラファイトD<7847>も反落で、ガーラ<4777>も安い。JASDAQ-TOP20では、マクドナルドのほか、Sケアメッセ<2400>も堅調。一方、ザイン<6769>、メイコー<6787>などハイテク系銘柄がさえない。


--------------------------------------


【後場に入って軟化、相対的に中小型株はさえない動きに】7日(木)

■概況■2433.89、-9.64
7日(木)のJASDAQ市場では、JASDAQ平均、J-Stock Indexは続落、JASDAQ-TOP20は反発となった。値上がり:223銘柄、値下がり:317銘柄、変わらず:91銘柄。JASDAQ平均は朝高後に伸び悩んでもみ合い、後場入り後は下げ幅を広げる動きとなった。本日は日経平均と比較して、相対的に新興市場が崩れる展開になっている。積極的な値幅取りの動きは一部の銘柄に限られることとなった。


◆注目銘柄◆
ネクストウェア<4814>がNTT空間情報との連携を期待材料に急伸。エスプール<2471>は好決算評価で連日の大幅高。ぱど<4833>やアビックス<7836>も連日の上昇。ブロッコリー<2706>は提携先であるKLab<3656>の急伸が刺激材料となる。パレモ<2778>も賑わう。半面、シダー<2435>が急反落となり、ガーラ<4777>も続落。シンバイオ製薬<4582>、FVC<8462>も売られる。JASDAQ-TOP20では、クルーズ<2138>、ウエストHD<1407>、ユビキタス<3858>などがしっかり。一方、ザイン<6769>、インフォコム<4348>、田中化研<4080>などがさえない。


--------------------------------------


【雇用統計控えた週末で換金売り圧力優勢に】8日(金)

■概況■2418.43、-15.46
8日(金)のJASDAQ市場では、JASDAQ平均、J-Stock Indexは続落、JASDAQ-TOP20は反落となった。値上がり:143銘柄、値下がり:397銘柄、変わらず:79銘柄。JASDAQ平均はもみ合いスタート後、下げ幅を広げていく展開になった。米雇用統計を控えた週末とあって、個人投資家でも換金売り圧力が強まったと見られる。日経平均が想定以上にさえない動きとなったことも、こうした流れを強めさせる格好に。


◆注目銘柄◆
内外テック<3374>がストップ高、東エレク<8035>の上昇が刺激材料になる。シンワアート<2437>は業績予想の上方修正が好感される。エスプール<2471>は続伸でガーラ<4777>は反発。ドーン<2303>なども強い動きに。半面、前日に急伸のネクストウェア<4814>、ぱど<4833>は急反落。シダー<2435>は大幅続落で、平田機工<6258>、アイレックス<6944>も売り優勢に。JASDAQ-TOP20では、ユビキタス<3858>が強い動き。一方、ベクター<2656>、クルーズ<2138>、セリア<2782>などがさえない。


-------------------------------------

《TM》

 提供:フィスコ

日経平均