市場ニュース

戻る
2016年07月05日17時53分

【為替】明日の為替相場見通し=欧米市場の動向などを注視

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより
 今晩からあすにかけての外国為替市場のドル円相場は、海外市場動向に左右される神経質な展開となりそうだ。予想レンジは1ドル=101円00~102円30銭。

 この日は、朝方は102円60銭前後での値動きだったが、日経平均株価が反落すると円買い・ドル売りが優勢となり、午後3時過ぎに102円台を割り込み、夕方の欧州時間に入ると101円70銭前後まで円高が進行した。特に、欧州株式市場の寄り付きは軟調に推移しており、NYダウとともに動向が注目されている。今晩はニューヨーク連銀のダドリー総裁の講演が予定されており、その発言も相場を左右しそうだ。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均