市場ニュース

戻る
2016年07月05日15時34分

【市況】話題株ピックアップ【夕刊】(3):テルモ、住友鉱、フジHD、アキュセラ

テルモ <日足> 「株探」多機能チャートより
■テルモ <4543>  4,575円  +35 円 (+0.8%)  本日終値
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券の医療機器業界のリポートでは、円高によるマイナス影響はあるものの、医療機器の需要自体は今後も底堅く推移すると予想。テルモ<4543>や朝日インテック<7747>が手掛けるカテーテル、オリンパス<7733>が手掛ける内視鏡などは、低侵襲治療への移行が進展するなか、需要は着実に拡大するとの見方で、シスメックス<6869>が手掛ける血球計数、血液凝固検査の需要も、中国を中心に好調に推移すると解説。ニプロ<8086>の主力製品ダイアライザは、日本で価格面のマイナス影響があるものの、中国を初めとした新興国では人工透析患者が増加しているため、当面需要は底堅く推移すると想定。個別銘柄では、円高によるマイナス影響が相対的に小さいテルモと朝日インテックを選好している。

■住友金属鉱山 <5713>  1,098円  +8 円 (+0.7%)  本日終値
 住友金属鉱山<5713>が続伸。三菱UFJモルガン・スタンレー証券では、同社は他の製錬メーカーに比べ、メタル価格や為替の業績影響が大きいと指摘。海外PJの遅れや設備トラブルなどもリスク要因として挙げ、レーティング「ニュートラル」を継続、目標株価を1270円から1120円に引き下げている。

■フジHD <4676>  1,169円  +6 円 (+0.5%)  本日終値
 SMBC日興証券のメディア(放送局)セクターのリポートでは、16年3月期実績PBRはフジ・メディア・ホールディングス<4676>が0.4倍、TBSホールディングス<9401>が0.5倍、日本テレビホールディングス<9404>が0.7倍、テレビ朝日ホールディングス<9409>が0.6倍とそれぞれ1倍を大きく割り込む水準で、さらなる株価下落リスクは限定的と指摘。それでも、円高進行による国内景気や企業業績の減速により広告需要も停滞する懸念が高まっていると考えられることや、テレビ広告需要の前年同期のハードルが第1四半期に比べて第2四半期以降上がってくることなどから、当面は積極的な投資スタンスは取り難いと解説。業種格付け「中立」を継続、相対的にはテレビ朝日HDと日本テレビHDの投資魅力度が高いとの見解を示している。

■アダストリア <2685>  3,395円  -300 円 (-8.1%)  本日終値  東証1部 下落率3位
 アダストリア<2685>は大幅5日続落。4日の取引終了後に発表した6月の国内月次売上高で、既存店売上高は前年同月比1.9%増と7カ月連続で前年実績を上回ったが、昨年6月の既存店売上高は同0.5%減とマイナスだったことや、3~5月の前年同期比4.7%増に比べて物足りないとの見方から失望売りが出ているようだ。6月は、曜日まわりの影響で前年に比べてセールが2日間長かったことで、客数は同3.9%増となった一方、客単価は2.0%減となった。ブランド別では、グローバルワーク、ベイフロー、ジーナシス、レイジブルーなどが好調。また、アイテム別では、Tシャツ、シャツなどの半袖トップスが売り上げの中心となり、雑貨ではサンダル類やブランドロゴ入りトートバッグなどが人気だった。なお、全店売上高は同2.2%増だった。

■エービーシー・マート <2670>  6,530円  -460 円 (-6.6%)  本日終値  東証1部 下落率8位
 エービーシー・マート<2670>が反落。4日の取引終了後に発表した6月度概況で、既存店売上高が前年同月比0.5%減と2カ月連続で前年実績を下回ったことが嫌気された。スニーカーを中心としたスポーツシューズやキッズシューズが引き続き売り上げを牽引したほか、季節商品であるサンダルとレディースシューズの販売も好調だった。ただ、円高を背景にインバウンド需要が落ち着いたことから、客単価の伸びが鈍化した。なお、全店売上高は同2.7%増だった。

■アキュセラ・インク <4589>  1,898円  -123 円 (-6.1%)  本日終値
 アキュセラ<4589>が5日続落。同30日にSBIグループの保有株比率が37.93%に上昇したことを発表。その後、目新しい発表はなく市場には当面の材料出尽くし感も浮上。株価は29日に3250円まで買われたが、戻りの上値は重く足もとでは利益確定売りの動きが強まっている様子だ。

■フジ <8278>  2,382円  -144 円 (-5.7%)  本日終値
 フジ<8278>は反落。同社は4日の取引終了後、17年2月期の第1四半期(3~5月)連結決算を発表。営業収益は795億8200万円(前年同期比0.5%増)、営業利益は19億6000万円(同6.7%減)、純利益は12億5700万円(同2.9%増)だった。スーパーマーケット事業では、他社との差別化と販売力の向上を目指して、生鮮部門とデリカ部門の強化を推進している。通期業績は営業収益3200億円(前期比0.4%増)、営業利益80億円(同13.4%増)、純利益46億円(同29.5%増)と従来見通しを据え置いた。

●ストップ高銘柄
 MAGHD <8073>  69円  +30 円 (+76.9%) ストップ高   本日終値
 アクセルマーク <3624>  1,690円  +300 円 (+21.6%) ストップ高   本日終値
 バーチャレク <6193>  1,746円  +300 円 (+20.8%) ストップ高   本日終値
 ソフトブレーン <4779>  608円  +100 円 (+19.7%) ストップ高   本日終値
 免疫生物研究所 <4570>  1,012円  +150 円 (+17.4%) ストップ高   本日終値
 など、7銘柄

●ストップ安銘柄
 キャリア <6198>  5,630円  -1,000 円 (-15.1%) ストップ安   本日終値
 以上、1銘柄

株探ニュース

日経平均