市場ニュース

戻る
2016年07月05日08時23分

【市況】5日の株式相場見通し=利益確定の売り優勢で反落

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより
 5日の東京株式市場は、きのうまでの6日続伸に対する反動も想定されることから、利益確定の売りが先行し、日経平均株価は反落することになりそうだ。また、外国為替市場での円相場が、やや円高・ドル安傾向となっていることも売り材料視されそうだ。5日早朝の東京外国為替市場では、1ドル=102円50銭台での推移となっている。

 4日の米株式市場は、独立記念日の祝日で休場。一方、欧州株式市場は英国のFTSETM100指数をはじめ、ドイツの株式指数(DAX30)、フランスの株式指数(CAC40)が前週末比でそろってマイナスとなった。

 日程面では、7月の日銀当座預金増減要因に注目。海外では、米5月の製造業新規受注が焦点となる。(冨田康夫)


出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均