市場ニュース

戻る
2016年07月04日15時09分

【市況】国内有力証券、日経平均ダブルボトム形成には4月25日高値1万7613円を上回る必要がある

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより
 証券ジャパンでは、今週の東京市場は、戻り一巡感から一進一退の動きを予想。英国とEUの交渉は長期化が予想されることから上値を抑えるとみているものの、参院選を控えた政策期待や日本株の出遅れ感から下値も限定的とみて、好業績の内需系企業や成長期待の高い中小型株などが物色されそうと解説。

 テクニカルでは、日経平均がダブルボトムとなるためには4月25日高値1万7613円を上回る必要があるとの見方で、ひとまずは5週移動平均線や週足一目均衡表の転換線が戻りメド、6月24日安値1万4864円が下値メドになると分析している。
《MK》

株探ニュース



日経平均