市場ニュース

戻る
2016年07月01日17時54分

【市況】【↑】日経平均 大引け| 5日続伸、米株高・追加緩和期待で買い優勢も上値重い (7月1日)

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

日経平均株価
始値  15698.02
高値  15765.00(10:33)
安値  15635.57(14:40)
大引け 15682.48(前日比 +106.56 、 +0.68% )

売買高  17億3592万株 (東証1部概算)
売買代金 1兆7958億円 (東証1部概算)

-----------------------------------------------------------------

■本日のポイント

 1.日経平均は5日続伸で、今週は全勝
 2.日銀の追加緩和期待が戻り相場支える
 3.円高警戒感くすぶり自動車株の戻り鈍い
 4.内需の好決算銘柄には素直に買いが向かう
 5.売買代金は6日ぶりに2兆円台を下回る

■東京市場概況

 前日の米国市場では、NYダウは235ドル高と3日続伸。世界の金融市場が英国のEU離脱による動揺から落ち着きを取り戻しつつある中、英国中央銀行総裁が金融緩和を示唆したことが好感された。

 東京市場では前日の欧米株高を受けて戻り足を継続、日経平均株価は一時1万5700円台に乗せる場面もあった。買い一巡後は伸び悩んだものの終始プラス圏で売り物をこなした。

 名実ともに7月相場入りとなった1日の東京市場は、リスク選好の動きが続いた。前日の米国株市場ではNYダウが直近3日間でブレグジットを受けて急落した分の90%を取り戻しており、東京市場でも主力株に中心に追い風が強まった。寄り前発表の日銀短観では企業の景気への慎重な見方が反映され、追加緩和期待が高まったこともプラスに働いた。ただ、来週明けは米国の独立記念にあたり、米国市場が休場となることもあって、いったん買いを手仕舞う動きも出たもよう。日経平均は一時190円高に買われる場面があったが、1万5700円台は上値も重く、その後は取引時間中に為替が円高に振れたことも警戒され、主力株中心に伸び悩んだ。しかし、今週は1週間を通じて安い日がなく、相場の足腰の強さが浮き彫りとなった。売買代金は2兆円を下回った。

 個別では、ニトリホールディングス<9843>が大幅高、良品計画<7453>も大きく買われた。KDDI<9433>、東芝<6502>もしっかり。ソフトブレーン<4779>がストップ高、キャリアリンク<6070>も値を飛ばした。ネクスト<2120>、イーレックス<9517>、山一電機<6941>なども物色人気。大日本住友製薬<4506>も商いを伴い高い。
 半面、ソフトバンクグループ<9984>が軟調、ブイ・テクノロジー<7717>も売りに押された。ダブル・スコープ<6619>、アダストリア<2685>が大幅安、出光興産<5019>の下げも目立った。JAL<9201>、商船三井<9104>も軟調。

 日経平均への寄与度上位5銘柄はKDDI <9433> 、テルモ <4543> 、コナミ <9766> 、花王 <4452> 、キッコマン <2801> 。5銘柄の指数押し上げ効果は合計で約51円。

 一方、マイナス寄与の上位5銘柄はソフトバンク <9984> 、ファナック <6954> 、ダイキン <6367> 、電通 <4324> 、ヤマハ <7951> 。押し下げ効果は約19円。

 東証33業種のうち上昇は26業種。上昇率の上位5業種は(1)水産・農林業、(2)医薬品、(3)化学、(4)食料品、(5)証券商品先物。一方、下落率の上位5業種は(1)空運業、(2)石油石炭製品、(3)倉庫運輸関連、(4)海運業、(5)鉱業。

■個別材料株

△タマホーム <1419>
 前期経常を3.4倍上方修正。
△トライSTG <2178> [東証M]
 3-5月期(1Q)経常は65%増益・上期計画を超過。
△ソーバル <2186> [JQ]
 2.85%を上限に自社株買いを実施。
△ビーロット <3452> [東証M]
 5.16%を上限に自社株買いを実施。
△GMO-PG <3769>
 プリペイドカード発行管理大手に出資。
△GW <3936> [東証M]
 ウィズプラ社と資本業務提携。
△Gunosy <6047> [東証M]
 前期最高益予想を37%上乗せ。
△キャリアL <6070>
 3-5月期(1Q)経常は75%増益。
△津田駒 <6217>
 上期経常を2倍上方修正。
△ニトリHD <9843>
 3-5月期(1Q)経常は29%増益。


▲夢の街創造 <2484> [JQ]
 今期経常を12%下方修正。
▲出光興産 <5019>
 SMBC日興証が「強気→中立」に格下げ。
▲大和工 <5444>
 三菱UFJ証が目標株価を「3770円→3110円」に引き下げ。

 東証1部の値上がり率上位10傑は(1)ソフトブレン <4779> 、(2)キムラタン <8107> 、(3)キャリアL <6070> 、(4)SKジャパン <7608> 、(5)津田駒 <6217> 、(6)HUG <3676> 、(7)カネコ種 <1376> 、(8)ベリサーブ <3724> 、(9)サイバーコム <3852> 、(10)イーレックス <9517> 。

 値下がり率上位10傑は(1)WSCOPE <6619> 、(2)アダストリア <2685> 、(3)クスリアオキ <3398> 、(4)タカタ <7312> 、(5)出光興産 <5019> 、(6)クリナップ <7955> 、(7)PCデポ <7618> 、(8)古河機金 <5715> 、(9)積化成 <4228> 、(10)TASAKI <7968> 。


【大引け】

 日経平均は前日比106.56円(0.68%)高の1万735.92円。TOPIXは前日比8.62(0.69%)高の1254.44。出来高は概算で17億3592万株。値上がり銘柄数は1388、値下がり銘柄数は454となった。日経ジャスダック平均は2454.66円(22.56円高)。

[2016年7月1日]

株探ニュース

日経平均