市場ニュース

戻る
2016年06月30日15時18分

【市況】国内大手証券、メモリ業界は力強いNAND需要とDRAM市場安定で16年後半には回復すると予想

日立国際 <日足> 「株探」多機能チャートより
 国内大手証券のグローバルテクノロジーセクターのリポートでは、メモリ業界は力強いNAND需要とDRAM市場の安定が見込まれるため、16年前半と比べて後半には回復すると予想。16年10~12月期半ばをピークに、それ以降は季節的な低調さによって再び調整に転じると見込むものの、17年には年間を通じて回復基調が続くとみて、SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)/スマートフォン向けの旺盛な需要によりNAND需要は17年に回復、DRAMも供給抑制によって回復する公算が大きいと解説。

 個別では、長期投資の対象として日立国際電気<6756>を紹介している。
《MK》

株探ニュース

日経平均