市場ニュース

戻る
2016年06月29日14時45分

【材料】ヒューリック、国内大手証券は足下のマクロ不透明感がバリュエーション拡大の足かせになると指摘

ヒューリック <日足> 「株探」多機能チャートより
 ヒューリック<3003>が3日続伸。現在は今日の高値圏で推移している。

 三菱UFJモルガン・スタンレー証券がリリースしたリポートによると、同社は、不動産セクターの中で一段高い利益成長力と平均以上のレバレッジ水準を梃子に、上場してから不動産上昇相場の初期に至るまでアウトパフォームしてきたと紹介。ただ、高い利益成長力はすでに株価に概ね織り込まれており、かつ不動産サイクルが成熟期を迎える中、足下のマクロ不透明感が、高い利益成長を続ける同社のバリュエーション拡大の足かせになると指摘。

 レーティングは「ニュートラル」を継続。目標株価は算出方法と諸前提を変更し、1110円から1200円へ引き上げている。
《MK》

株探ニュース



日経平均