市場ニュース

戻る
2016年06月16日16時42分

【特集】エクストリーム Research Memo(9):配当性向20%を目安に安定配当継続が基本方針

エクストリム <日足> 「株探」多機能チャートより

■株主還元

エクストリーム<6033>では、株主に対する利益還元として、当期純利益の20%を配当性向の目安に、安定配当を継続することを基本方針としている。この方針に従い、2016年3月期は1株当たり20円(配当性向19.6%)を実施する予定。続く2017年3月期については1株当たり10円の増配となる30円(同16.8%)を計画している。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 森本 展正)

《HN》

 提供:フィスコ

日経平均