市場ニュース

戻る
2016年06月15日09時43分

【市況】15日の豪ドル・円、売り・買い要因&支持抵抗ライン


○豪ドル・円 (予想レンジ:77.40円-78.40円)

【買い要因】
・ダドリーNY連銀総裁 6月、7月の利上げが妥当
・日本では補正予算策定、消費増税は再延期決定
・イエレンFRB議長「条件が合えば緩やかな利上げが適切となる可能性」
・1-3月期GDPは前年同期比3.1%増と市場予想上振れ
・豪中銀、政策金利1.75%を据え置き

【売り要因】
・米財務省、為替政策の「監視リスト」に日本を初めて指定
・4月の日本の貿易黒字幅が6年ぶりの高水準
・OPEC総会では生産上限設定で合意できず
・5月米雇用統計では非農業部門雇用者数が大幅に下振れ
・Brexitを警戒したリスク回避の流れ


■支持抵抗ライン

支持抵抗ライン:豪ドル・円 (終値 78.50円)
・200日移動平均 84.31
・先行スパン 2 82.45
・先行スパン 1 82.26
・90日移動平均 82.16
・55日移動平均 81.58
・ボリンジャー+2σ 80.36
・HBOP 79.75
・転換線 79.42
・基準線 79.42
・5日移動平均 79.40
・21日移動平均 79.37
・ボリンジャー20日移動平均 79.36
・ピボット R2 79.34
・ピボット R1 78.92
・ピボット P 78.51
・終値 78.50
・ボリンジャー-2σ 78.37
・ピボット S1 78.09
・ピボット S2 77.67
・LBOP 77.25


*HBOP=High Break Point
*LBOP=Low Break Point
*日本時間6:00現在のNY終値を使用

《CS》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均