市場ニュース

戻る
2016年06月09日08時55分

【市況】今日の日経平均はこうなる~16650-16850円のレンジを想定

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

【小幅安となる】16650-16850円のレンジを想定=村瀬 智一


8日のNY市場は上昇。原油相場が続伸したことを受けて買いが先行。4月JOLT求人件数が統計開始以来の高水準となり、利上げへの警戒感から一時もみ合う場面も見られた。しかし、為替相場でドル安が進行したことが好感され、引けにかけて上昇する展開となった。ダウ平均は66.77ドル高の18005.05、ナスダックは12.89ポイント高の4974.64。シカゴ日経225先物清算値は大阪比35円安の16815円。

米株高や原油先物相場の上昇が下支えとして意識されるだろうが、円相場は1ドル106円台での推移と、円高が重石になりそうだ。前日の上昇で一目均衡表では終値では雲上限のほか、転換線、基準線を突破してきている。遅行スパンは4月末の急落時を通過してくるため、実線を下から上に突き抜ける、上方転換シグナルを発生させており、一気にシグナルが好転している。雲上限が支持線として意識されるほか、一方で再び価格帯別出来高で商いが膨れている16800円-17000円処を捉えてきており、この抵抗を明確にクリアできるかを見極めることになろう。16650-16850円のレンジを想定する。

《WA》

 提供:フィスコ

日経平均