市場ニュース

戻る
2016年06月08日12時58分

【市況】日経平均は0.57円高で後場スタート、売買代金上位では、ブランジスタ、グリーンペプなどがしっかり/後場の寄り付き概況

日経平均 <1分足> 売買代金 「株探」多機能チャートより

日経平均 : 16676.02 (+0.57)
TOPIX  : 1339.23 (-1.54)

[後場寄り付き概況]

 日経平均はプラス圏を回復して始まった。ランチタイムの225先物は16620-16630円の狭いレンジ取引から、現物の後場取引開始時には16720円まで切り返しており、その後は16790円まで上げ幅を拡大させている。昼のバスケットは小幅に買い越し。円相場は1ドル107円20銭辺りと、再び107円台を回復してきている。

 東証1部の騰落銘柄は、値上がり数が若干上回ってきている。規模別指数は大型、中型、小型株指数いずれも上昇。売買代金上位では、ブランジスタ<6176>、グリーンペプ<4594>、そーせい<4565>、アキュセラ<4589>、ファナック<6954>がしっかり。

《WA》

 提供:フィスコ

日経平均