市場ニュース

戻る
2016年03月14日14時25分

【材料】欧州大手証券、保険株のマイナス金利影響は会計利益に限定的、MS&AD、東京海上、第一生命を選好

MS&AD 【日足】
多機能チャートへ
MS&AD 【日中足】

 クレディ・スイス証券の保険セクターのリポートでは、マイナス金利以降、保険株は大きく下落したものの、日本国債の保有が少ない損保、日本国債のデュレーションが15年以上で、利回り低下が緩やかな生保とも、会計利益への影響は限定的と指摘。生保険株に対する利益減少懸念が薄まればERPは正常化、株価は回復に向かうと考え、当面は損保株の回復が早いと想定。

 セクター判断「オーバーウエイト」を継続、損保ではMS&ADインシュアランスグループホールディングス<8725>と東京海上ホールディングス<8766>を、生保では第一生命保険<8750>を選好している。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均