市場ニュース

戻る
2016年03月14日11時39分

【注目】話題株ピックアップ【昼刊】:鬼ゴム、ファストリ、オークマ、日立

ファストリの日足チャート 「株探」多機能チャートより
■鬼怒川ゴム工業 <5196>  773円  +93 円 (+13.7%)  11:30現在  東証1部 上昇率3位
 11日、鬼ゴム <5196> に対して日本政策投資銀行がTOB(株式公開買い付け)を実施し、完全子会社化を目指すと発表したことが買い材料。TOB価格が11日終値を14.7%上回る780円とあって、本日の株価はこれにサヤ寄せする形で買い気配値を切り上げた。買付期間は7月上旬からで、予定通り実施された場合同社は上場廃止となる見込み。

■丹青社 <9743>  858円  +70 円 (+8.9%)  11:30現在
 11日、丹青社 <9743> が決算を発表。16年1月期の連結経常利益は前の期比12.6%増の33億円に伸び、従来予想の28.2億円を上回り減益予想から一転して増益で着地。17年1月期も前期比5.4%増の34.8億円に伸びる見通しとなったことが買い材料。前期は選別受注などの収益向上策が奏功したことが大幅増益につながった。今期はインバウンド効果などによる企業の設備投資増加を背景に、引き続き商業施設やホテル改装などの受注が伸びる。業績好調に伴い、今期の年間配当は20円とし、前期の株式分割を考慮した実質配当は30.5%増配とする方針としたことも支援材料。

■立花エレテック <8159>  1,214円  +73 円 (+6.4%)  11:30現在
 11日、立花エレ <8159> が発行済み株式数(自社株を除く)の0.58%にあたる15万株(金額で1億7115万円)を上限に、14日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買い(買い付け価格は11日終値の1141円)を実施すると発表したことが買い材料。需給改善や株式価値の向上といった株主還元が好感されたほか、株価浮揚策としてもポジティブに受け止められた。

■ライフコーポレーション <8194>  2,645円  +149 円 (+6.0%)  11:30現在
 12日、ライフコーポ <8194> が16年2月期の経常利益(非連結)を従来予想の120億円→129億円に7.5%上方修正。増益率が9.0%増→17.2%増に拡大し、従来の7期ぶりの過去最高益予想をさらに上乗せしたことが買い材料。個人消費の落ち込みにより売上は計画をやや下回るものの、粗利益率の改善や販管費の適正化などが利益を押し上げた。業績上振れに伴い、前期の年間配当を従来計画の25円→30円に増額修正したことも支援材料。

■ファーストリテイリング <9983>  36,300円  +1,710 円 (+4.9%)  11:30現在
 ファーストリテイリング<9983>が大幅高で3連騰、1700円以上の上昇をみせた。株式市場全般はリスク選好ムードが再燃、きょうは日経平均が1万7200円台まで上値を伸ばし、2月3日以来1カ月半ぶりの高値水準まで戻している。そのなか、日経平均寄与度の高い同社株の上昇が目立っている。野村証券が3月11日付けで同社株の目標株価を前回の4万2000円から3万9000円に引き下げている(レーティングは「ニュートラル」継続)ものの、影響は限定的にとどまっている。

■オークマ <6103>  875円  +39 円 (+4.7%)  11:30現在
 機械株が高い。オークマ<6103>や牧野フライス製作所<6135>など工作機械株や日本精工<6471>やNTN<6472>などベアリング株が軒並み高。内閣府が14日発表した1月の機械受注統計によると、設備投資の先行指標である「船舶電力を除く民需」(季節調整値)は前月比15.0%増と市場予想(同1.9%増)を上回った。受注動向は「持ち直しの動きがみられる」とした。この日は、機械株には設備投資回復による受注増を期待した買いが流入している。

■トランス・コスモス <9715>  2,637円  +85 円 (+3.3%)  11:30現在
 トランスコスモス<9715>が堅調。同社は11日、リハビリ・ヘルスケア事業を展開するワイズ(東京都中央区)と資本業務提携したことを発表した。ワイズ社は介護保険による機能訓練特化型デイサービス「アルクル」と脳卒中の後遺症に特化した実費型リハビリ施設「脳梗塞リハビリセンター」を運営している。すでに、トランスコスモスが運営する通販ブランド「日本直販」を通じ、ワイズ社が作成した、脳梗塞・脳出血などの後遺症に悩む方向けの「ホームリハビリDVD」を販売している。今回の資本業務提携により、ワイズ社が開発する高齢者向けオリジナル商品を、シニア層を中心に850万人の会員を有する「日本直販」や、トランスコスモスのグローバルECチャネルで販売する方針。加えて、アルゼンチンのECワンストップサービス企業であるエンポリオ・コンプラス社と資本業務提携したことも発表している。

■日立製作所 <6501>  535.5円  +16 円 (+3.1%)  11:30現在
 11日、日立 <6501> が液晶パネル製造装置事業をファンド運営のポラリス・キャピタル・グループに売却すると発表したことが買い材料視された。7月1日付で液晶パネル等製造装置事業を分社化し、新会社の株式の大半をポラリスに売却する。同事業は液晶パネル製造装置、有機ELパネル製造装置、実装・マイクロボール関連製造装置などの開発や販売を手掛けている。同社は今回の株式売却で得た資金でインフラ技術と高度なITを組み合わせた「社会イノベーション事業」の海外展開をさらに進めるとしている。発表を受けて、事業の選択と集中による収益基盤の強化を好感する買いが向かった。

■電通 <4324>  5,730円  +170 円 (+3.1%)  11:30現在
 電通<4324>が反発。同社は11日、海外本社の電通イージス・ネットワークを通じて、北米のデータ・アナリティクス専門のコンサルティング会社「カーディナル・パース社」(カナダ・バンクーバー市)の株式100%を取得し、子会社化することを発表した。カーディナル・パース社はビッグデータの分析とそれに基づくコンサルティングやソリューションに強みを持っている。広告コミュニケーション・ビジネスにおいて、ビッグデータ分析に基づく、より精緻で効果が見込めるプランニングや施策の重要性が高まってきていることから、今回の買収によりグループのデータ・ソリューション力を強化し、北米における既存顧客へのサービス向上と新規顧客の開拓を狙っていく。

■東プレ <5975>  2,195円  +65 円 (+3.1%)  11:30現在
 11日、東プレ <5975> が株主優待制度を拡充すると発表したことが買い材料視された。1年以上継続保有する株主を対象に、贈呈するクオカードの金額を500円分増額する。具体的には100株以上1000株未満保有で2000円分、1000株以上1万株未満保有で4000円分、1万株以上保有で6000円分となる。なお、1年未満の株主への優待の変更はない。発表を受けて、株主還元の拡充を好感する買いが向かった。

■豊田自動織機 <6201>  5,120円  +145 円 (+2.9%)  11:30現在
 豊田自動織機<6201>が続伸。クレディ・スイス証券では、割安感が増してきたと指摘。同社の金融資産価値に対する株価バリュエーションは過去1年間のマイナス2シグマ水準にとどまるとみて、過度に割安な株価バリュエーションの短期的な切り上がりが期待できると解説。16年3月期営業利益は計画をやや上回る着地を予想し、期末にかけては、アサヒセキュリティ、ワンビシアーカイブズの売却益を原資に、自社株買いも含めたさらなる株主還元強化への期待が高まると評価。レーティング「アウトパフォーム」を継続、目標株価は8500円から6300円に引き下げている。

■ウェルネット <2428>  3,450円  +80 円 (+2.4%)  11:30現在
 ウェルネット<2428>が続伸。三菱UFJモルガン・スタンレー証券では、同社の決済事業はEC市場拡大を背景に中長期での評価が可能と指摘。ECのなかで、CtoC(個人間取引)市場の拡大が売り上げに貢献をしているとみて、CtoC市場拡大は中長期でのカタリストにもなると解説。レーティング「オーバーウエート」と目標株価5700円を継続している。

■王将フードサービス <9936>  4,040円  +90 円 (+2.3%)  11:30現在
 王将フードサービス<9936>が高い。前週末11日の取引終了後、従来50円としていた16年3月期の期末配当について、10円増額して60円にするとともに、旗艦工場となる東松山工場の竣工を記念して5円の記念配当を実施し65円にすると発表しており、これが好感されている。。なお、これにより中間配当と合わせた年間配当は125円(従来予想110円、前期100円)を予定している。

■積水ハウス <1928>  1,953円  +41.5 円 (+2.2%)  11:30現在
 積水ハウス<1928>が続伸。SMBC日興証券が積水ハウスの目標株価を2060円から2150円に引き上げ、投資評価「2」を継続している。同証券のアナリストは「2017年3月期は堅調、株主還元が株価をサポートするとみる、目標株価を2150円へ引き上げ、高水準の株主還元が支援材料」とリポートで紹介している。年間配当を64円とし、自己株式取得を220億円、1300万株(上限)で計画している株主還元が株価をサポートすると解説している。

●ストップ高銘柄
 アウンコンサルティング <2459>  324円  +80 円 (+32.8%) ストップ高   11:30現在
 MRT <6034>  4,080円  +700 円 (+20.7%) ストップ高   11:30現在
 ペプチドリーム <4587>  6,100円  +1,000 円 (+19.6%) ストップ高   11:30現在
 太洋工業 <6663>  945円  +150 円 (+18.9%) ストップ高   11:30現在
 キューブシステム <2335>  646円  +100 円 (+18.3%) ストップ高   11:30現在
 など、9銘柄

●ストップ安銘柄
 なし

株探ニュース

日経平均