市場ニュース

戻る
2016年02月10日17時15分

【為替】外為サマリー:一時1ドル115円台を回復、下値の堅さを意識

 10日の東京外国為替市場のドル円相場は、午後5時時点で1ドル=114円95銭前後と、前日午後5時時点に比べ35銭前後のドル安・円高で推移している。

 ドル円相場は欧州時間に入って値を戻す展開。午後4時50分ごろには一時115円04銭をつけた。この日の東京外為市場の安値は午前と午後ともに114円30銭前後で下げ渋っており、下値の堅さが意識されているもよう。また、イブニングセッション(夜間取引)で日経平均先物が上昇していることも追い風となっているようだ。

 ユーロは対円で1ユーロ=129円56銭前後とユーロ高・円安。対ドルでは1ユーロ=1.1280ドル前後とユーロ高・ドル安で推移している。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均