市場ニュース

戻る
2016年01月28日13時23分

【経済】中国:脱毛治療薬6キロ服用、肝不全で男性死亡


安徽省肥東県の男性(26)が脱毛治療用の漢方薬「カシュウ(何首烏)」を計5.9キロ服用した結果、薬物性の肝臓機能衰弱で死亡したことが分かった。中国国家食品薬品監督管理局は2014年7月、カシュウが肝機能を損なう恐れがあるとの警告を出していた。中国日報などが27日伝えた。
修士課程修了を控えた男性は昨年1月、就職に有利なようにと、安徽省内の病院2カ所で脱毛の治療を始めた。処方に従い、カシュウなどを服用し続けたという。
男性は5月から体調不良を訴え始め、8月の就職前の健康診断で肝臓に異常が見つかった。北京の有名病院に転院したが、闘病もむなしく年末に死亡した。
中国国家食品薬品監督管理局が14年に発表した基準では、カシュウの許容服用量は1日当たり3グラム以下。男性は病院2カ所から処方を受け、1日当たり10グラム、累計で6キロ近くを服用していた。

【亜州IR】

《ZN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均