市場ニュース

戻る
2016年01月27日15時01分

【経済】中国:国家統計局の王局長に汚職疑惑、記者会見直後に身柄拘束


中国共産党の汚職調査機関である党中央規律検査委員会は26日夜、国家統計局の王保安局長(兼国家統計局党組書記)を「重大な規律違反」の疑いで調査に入ったと発表。具体な内容や不正時期には言及していないものの、なんらかの不正に関与した疑惑がかけられていることを明らかにした。
汚職捜査が始まったと公表されたのは、北京市内で経済に関する記者会見の2時間後。突然の身柄拘束となった。
中国の統計をめぐって、新たな不安材料が浮上した形。国家統計局は今月19日、昨年の国内総生産(GDP)が前年比で6.9%増加したと発表した。「中高速の経済成長を維持することができた」としながらも、節目の7%に届かなかったと報告している。ただ、中国GDP成長率に関しては、各界から異論が多い。英国経済研究所ロンバードストリートリサーチのエコノミストは、15年の中国GDP成長率を3.2%と試算。当局の計算から半分以下にとどまったと分析した。
1963年に生まれた王氏は、河南省魯山の出身。84年3月に中国共産党に入党し、中南財経済大学の大学院を修了した。経済学博士。91年から財政部、税務総局などを歴任し、15年4月に現職に就いている。

【亜州IR】

《ZN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均