市場ニュース

戻る
2015年12月30日12時44分

【市況】日経平均は40円高で後場スタート、前引け値から上げ幅を縮小/後場の寄り付き概況


日経平均 : 19023.17 (+40.94)
TOPIX  : 1546.32 (+2.93)

[後場寄り付き概況]

 日経平均は前引け値から上げ幅を縮め、今日の安値を更新している。ランチタイムの225先物は19010-19040円のレンジでの推移となっていた。昼のバスケットは売り買い均衡との観測。円相場は1ドル120円45銭当たりと落ち着いた推移をみせている。

 売買代金上位では、東芝<6502>、富士フイルム<4901>、さくら<3778>、アダストリア<2685>、サイバダイン<7779>、ラオックス<8202>が堅調。一方で、日本郵政<6178>、日水<1332>、富士重<7270>が冴えない。セクターでは食料品が上昇率トップ。その他、電気ガス、電気機器、ゴム製品、精密機器がしっかり。半面、保険、水産農林、医薬品、建設、鉄鋼などが小安い。
《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均