市場ニュース

戻る
2015年12月18日03時56分

【市況】NY金:反落で1049.60ドル、米利上げ受けたドル高で割高感による売り強まる


 NY金は反落(COMEX金2月限終値:1049.60↓27.20)。1064.40ドルから1046.80ドルまで下落した。前日の取引終了後に米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明が発表され、0.25%の利上げを全会一致で決定。また、経済予測の金利見通しで年4回ペースの利上げを示唆し、イエレンFRB議長も米国経済の強さを強調したことで、それ以降ドル高になっており、金は割高感による売りが先行した。



 ユーロ・ドルは一時1.0803ドルまで下落し、ドル・円は122円80銭まで上昇した。ただ、原油安や利益確定の売りを受けて米株が下落しており(NYダウ一時192ドル安)、金はその後下げ渋り気味になった。

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均