市場ニュース

戻る
2015年12月14日10時22分

【材料】インスペックが大幅安、第2四半期1億9700万円の営業赤字で下振れ着地

インスペック 【日足】
多機能チャートへ
インスペック 【日中足】

 インスペック<6656>が大幅安。一時、前週末比69円安の520円まで売られた。同社は11日取引終了後に、16年4月期第2四半期累計(5~10月)の連結決算を発表。営業損益は1億9700万円の赤字(前年同期との比較なし)となり、従来計画の1000万円の黒字から下振れして着地した。

 売上高は5億500万円(従来計画は10億円)となった。中国景気減速を受けた顧客の設備投資の抑制に加え、顧客の追加要望および仕様変更などで検収が第3四半期以降にずれ込むことが影響する。なお、通期業績予想は従来計画を据え置いている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均