市場ニュース

戻る
2015年12月07日13時05分

【材料】エーザイが反発、「がん分野や認知症などの新薬に開発特化」報道を買う

小野薬 【日足】
多機能チャートへ
小野薬 【日中足】

エーザイ<4528>が反発。6日付日本経済新聞朝刊が、「がん分野と認知症などの神経分野に新薬の開発を集中し、他の分野で開発中の品目を全て売却する方針を固めた」と報じたことが買い材料となっているもよう。前場には一時34円高の8027円まであった。10月安値時に下値サポートラインとなった52週移動平均線沿いの上昇基調が続いており、もう一段上を窺うかまえとなっている。

 「2015年度内に売却先を固めるために複数の製薬会社と交渉に入っており、売却で数百億円の資金を確保できる見通しで、主に研究開発費に投じる。幅広い疾患領域を展開する総合製薬企業から、2分野で競争力を持つ同社が製薬企業として再成長を目指す」と報じており、業界トップ比売上高規模の小さな同社が得意とする分野での開発を強化するとの姿勢に、先行きの業容拡大期待感が高まったもよう。
(執筆者:熱田和雄 ストック・データバンク)

【関連記事・情報】

日経平均