市場ニュース

戻る
2015年12月04日18時40分

【テク】日経平均テクニカル:大幅反落、26週線での踏ん張りは見せたいところ


4日の日経平均は大幅反落。2万円処で上値を抑えられるなか、マドを空けての下落となった。その後は25日線を挟んでの推移が続いているが、終値では10月14日以来、約2ヶ月ぶりに25日線を割り込んでいる。一目均衡表では転換線を割り込んでおり、基準線に接近。ボリンジャーバンドでは中心値(25日)と-1σとのレンジに移行しつつある。パラボリックはSAR値にタッチしたことで陰転シグナルを発生させている。また、いったんは陰転をダマシとしていた新値足については、再び陰転シグナルを発生させてきている。MACDでは陰転シグナルが継続しているが、シグナルとの乖離が拡大してきており、足元の調整が長引く可能性がある。週間形状では26週線(19450.22円)に接近してきている。26週線での踏ん張りは見せたいところであり、これを下回ってくるようだと、調整が長引く可能性が高まる。
《SY》

 提供:フィスコ

日経平均