市場ニュース

戻る
2015年11月27日10時45分

【材料】共立メンテが上場来高値を更新、ドイツ証券が新規カバレッジ開始

共立メンテ 【日足】
多機能チャートへ
共立メンテ 【日中足】

 共立メンテナンス<9616>が上場来高値を更新したもののの、一文新値のあとは下落に転じた。現在は前日比マイナスで推移している。
 ドイツ証券が共立メンテナンスの目標株価9900円、レーティング「HOLD」で新規カバレッジ開始とのリポートを出した。同証券では安定成長が見込まれる寮事業は、少子化でも需要は安定的だという。全国に展開中のビジネスホテル、リゾートホテル事業は新規開業と客室単価の引き上げで高成長が見込まれ、「おもてなし産業に追い風」とリポートで紹介している。
 マーケットでは再びインバウンド需要関連銘柄が物色されており、中でも好業績を織り込み済みと、まだ株価に織り込まれていない銘柄との二極化の様相を呈しているようだ。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均