市場ニュース

戻る
2015年11月06日18時38分

【市況】来週の株式相場見通し=レンジ相場脱し上値指向、高値警戒感も共存

 来週(9~13日)の東京株式市場は、日本時間今夜発表される米10月の雇用統計の内容で大きく左右される可能性がある。非農業部門雇用者数は18万2000人増程度と予想され、前月の14万2000人増から拡大する見通し。予想を大幅に下回らなければ、米利上げ観測は後退し難いとの見方が多い。
 きょうまでの3日続伸で、日経平均株価は8月28日の高値(1万9192円)、10月30日の戻り高値(1万9202円)を上回り、さらに200日移動平均線(1万9249円)も突破しており、レンジ相場から脱したことになる。
 したがって、上値指向が強まることが予想されるものの、短期間の急上昇で東証1部の騰落レシオが135%と高水準となっていることなどから高値警戒感も共存している。日経平均株価の想定レンジは、1万8900~1万9500円とする。
 日程面では、9月の毎月勤労統計調査(9日)、10月の景気ウォッチャー調査(10日)、10月のマネーストック、10月の工作機械受注(11日)、9月の機械受注、10月の都心オフィス空室率(12日)、9月の第3次産業活動指数(13日)に注目。海外では、中国10月の消費者物価・生産者物価(10日)、中国10月の小売売上高・鉱工業生産・都市部固定資産投資、米10月の財政収支(11日)、独7~9月期のGDP、米10月の小売売上高が焦点となる。(冨田康夫)


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

日経平均