市場ニュース

戻る
2015年10月29日10時44分

【経済】(中国)上海総合は反発でスタート、米株高や政策期待などで


29日の上海総合指数は反発でスタート。前日比0.37%高の3387.77ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時35分現在、0.58%高の3394.74ptで推移している。米連邦準備理事会(FRB)がゼロ金利を維持し、前日の米株高が好感され、買いが先行。また、政策期待が高まっていることも支援材料となっている。第18期中央委員会・第5回全体会議(5中全会)が本日閉幕するため、向こう5年の発展方針が明らかになると期待されている。

《ZN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均