市場ニュース

戻る
2015年10月20日13時31分

【市況】13時30分時点の日経平均は56円高、連日安値更新の旭化成が売買代金トップに


13時30分時点の日経平均は前日比56.52円高の18187.75円。後場も材料難で値動きに乏しく、後場の値幅はわずか41円にとどまっている。なお、子会社のデータ不正問題で連日の年初来安値更新となっている旭化成<3407>が、全市場売買代金でトップに。

そのほか売買代金上位銘柄では、東電<9501>、長谷工コーポ<1808>、三井不<8801>が後場下げ幅を拡大している。一方、みずほ<8411>、KDDI<9433>、NTT<9432>が引き続きしっかり。

(先物OPアナリスト 篠田悠介)

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均