市場ニュース

戻る
2015年10月19日07時59分

【為替】今日の為替市場ポイント:ドル・円は119円台で推移か、中国7-9月期GDP内容を見極める展開に


16日のドル・円相場は、東京市場では118円83銭から119円25銭で推移。欧米市場でドルは119円67銭まで上昇し、119円46銭で取引を終えた。

本日19日のドル・円は119円台で推移か。中国の7-9月期国内総生産(GDP)の内容を見極める展開となる。市場予想(前年比+6.8%)を下回った場合、中国経済の成長鈍化に対する市場の懸念は一層強まり、リスク回避的な円買いが広がる可能性がある。

中国国家統計局は19日、2015年7-9月期の国内総生産(GDP)を発表する。市場予想は前年比+6.8%で4-6月期の+7.0%との比較で伸び率は鈍化する見込み。市場予想を大きく下回った場合、中国経済の先行きに対する不安感が強まり、世界同時株安につながる可能性があるとの声が聞かれている。

なお、中国国家統計局は先月、GDPの算出方法の変更を発表している。これまでの四半期GDPは集積された数字が基準になっていたが、今回から四半期の経済活動を基にGDPを算出するようだ。統計局によると、新たな算出方法は先進主要国基準に沿っており、統計内容に対する信頼感は一段と高まりそうだ。市場関係者の間では、国際通貨基金(IMF)の特別データ公表基準(SDDS)採用を意識した措置であるとみられている。

《FA》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均