市場ニュース

戻る
2015年10月09日12時26分

【材料】シャープが小動き、国内大手証券は通期会社計画達成は容易ではないとの見解

シャープ 【日足】
多機能チャートへ
シャープ 【日中足】

 シャープ<6753>が小動き。買い優勢で始まるも、一時、前日比3円安の134円まで下落。137円で前場の取引を終えている。
 国内大手証券では、主力の中小型液晶を中心に厳しい事業環境が継続していると指摘。本社の土地・建物の売却、カンパニー制への移行など構造改革を着実に進めていると評しながらも、16年3月期7~9月期の業績下振れの影響から通期会社計画達成は容易ではないと解説。
 16年3月期の営業利益予想を700億円から300億円(会社計画は800億円)に、目標株価を160円から135円に引き下げ、レーティングは「ニュートラル」を継続している。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均