市場ニュース

戻る
2015年10月08日10時58分

【為替】東京為替:ドルは再び120円割れ、東京株安を意識してドル買い縮小


ドル・円は119円93銭近辺で推移。上海総合指数は大幅高で推移しているが、中国株の上昇は想定の範囲内との声が聞かれており、現時点で材料視されていない。ただし、日経平均株価は反落しており、国内株高を好感したリスク選好的なドル買い・円売りはやや抑制されているようだ。ドル・円は119円84銭から120円11銭で推移。


米10年国債利回りは、2.05%近辺で推移。

ユーロ・ドルは強含み、1.1235ドルから1.1253ドルで推移。

ユーロ・円はやや強含み、134円73銭から135円02銭で推移。

■今後のポイント
・中国株高に対する期待がドル相場を下支え
・日経平均株価は反落

・NY原油先物(時間外取引):高値48.39ドル 安値47.91ドル 直近値48.00ドル

《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均