市場ニュース

戻る
2015年10月01日10時38分

【材料】クラウディアがマドを開けて大幅続伸、16年8月期の業績急回復見通しを好感

クラウディア 【日足】
多機能チャートへ
クラウディア 【日中足】

 ウエディングドレスメーカーのクラウディア<3607>がマドを開けて大幅続伸。買い気配で始まり、前日比80円(15.1%)高の608円で寄り付き、これがきょうの高値。上げ幅を縮小しているものの、その後も堅調展開となっており、東証1部の値上がり率ランキングでベストテン入り。9月30日引け後、16年8月期の業績見通しを発表、前期から急回復の見通しを示し、好感されているようだ。株価は8月下旬から下落基調にあったほか、前日には年初来安値を更新するまで売り込まれており、値ごろ感からの買いも入っているようだ。
 16年8月期の業績見通しは、売上高が前期比11.9%増の138億6000万円、営業利益は3億8000万円。15年9月に開業した新式場「ル・センティフォーリア大阪」の新規開業効果で式場事業の売上高増加を見込む。このほか、既存式場も含め、引き続き、広告宣伝強化による来館数・受注獲得率の増加を図るとともに、諸施策の実行により売上原価率の低下を図る方針。同時発表の15年8月期の連結決算は、売上高が前の期比11.1%減の123億8100万円、営業利益は同96.1%減の2000万円で着地した。ホールセール事業で製・商品売上高が受注状況悪化の影響で2ケタ減収となったことが重しとなったほか、ショップ事業で国内インショップ店舗の既存店取扱件数が減少傾向にあることが響き、減収となった。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均