市場ニュース

戻る
2015年09月29日08時32分

【市況】前場に注目すべき3つのポイント~中小型株へはボトム意識の買いが入りやすい


29日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

■株式見通し:中小型株へはボトム意識の買いが入りやすい
■外資系証券の注文動向:差し引き1600万株の売り越し
■前場の注目材料:アップルの新型「iPhone」、過去最高の売れ行き


■緩和期待を下支えに配当落ち分を埋めてくるか

29日の東京市場は、海外株安の流れを受けて売り優勢の展開になろう。米国市場ではNYダウが300ドルを超える下げとなり、一時16000ドルを割り込んだ。シカゴ日経225先物清算値は大阪比330円安の17360円。大阪225先物はナイトセッションで17310円まで下げており、これにさや寄せする格好から日経平均は直近安値を下回ってくる可能性が高い。

直近1ヶ月間のもち合いレンジを下回ってくることから嫌気売りの流れが強まりやすい。期末要因から積極的な売買が手控えられるなか、指値状況の薄いところを大きく振らされやすい需給状況である。ただし、17000円前半までの下げにより、ボトム形成が意識されてくる可能性もある。下へのバイアスが強まる局面においては、セリングクライマックスを意識したスタンスにもなろう。

また、米国市場の大幅な下げについては、年内利上げ観測を背景とした売りではなく、8月の中国の工業企業利益が予想以上に下落したことによる素材関連の下落。また、次期大統領選挙活動に入っているヒラリー・クリントンによる「薬価の問題に取り組む」との姿勢を嫌気した、薬品株などの弱い値動きが要因である。

その為、日経平均は大幅に続落となろうが、強い動きをみせてくる銘柄もありそうだ。昨日の日経平均は大幅下落となるなかで、東証2部、マザーズ指数、ジャスダック平均はプラスだった。マイナンバーなど政策に絡んだ銘柄等への物色も根強いと考えられるほか、10月1日からは中国が国慶節で大型連休に入ることから、インバウンド関連への物色も再燃しよう。

(株式部長・アナリスト 村瀬智一)


■外資系証券の注文動向:差し引き1600万株の売り越し

朝の外資系証券6社経由の注文状況は、売り2480万株、買い880万株、差し引き1600万株の売り越しとの観測。なお、直近5日分の注文動向は以下の通り。

9月17日(木):250万株の買い越し
9月18日(金):720万株の買い越し
9月24日(木):290万株の売り越し
9月25日(金):1390万株の売り越し
9月28日(月):30万株の買い越し


■前場の注目材料

・アウディ、排ガス不正の対象車は210万台
・アップルの新型「iPhone」、過去最高の売れ行き
・東京都、中小企業の航空産業への参入を支援
・第一中央汽船<9132>が経営破綻


☆前場のイベントスケジュール

<国内>
・特になし

<海外>
・特になし

《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均