市場ニュース

戻る
2015年08月27日08時14分

【経済】26日の上海総合指数は5日続落、利下げ実施も3000pt大台回復できず


26日の中国本土市場では、上海総合指数は前日比1.27%安の2927.288と5日続落した。中国人民銀行(中央銀行)が前日25日の取引終了後、利下げと預金準備率の引き下げを発表したことが支援材料となり、一時プラス4.29%まで上昇する場面もみられた。ただ、その勢いは続かず、終盤に再び売りに押される展開となった。金融緩和だけでは、実体経済を押し上げる効果が薄いとの見方が広がった。また、一段の人民元安の進行懸念も足かせとなった。この日の上海A株の売買代金は4610億5000万元(前日は3598億7100万元)だった。

《ZN》

 提供:フィスコ

日経平均