市場ニュース

戻る
2015年08月25日15時52分

【市況】日経平均は大幅に6日続落、一時プラスへ切り返すも後場再び急落/相場概況


日経平均は大幅に6日続落。24日の米国市場でNYダウが588ドル安と大幅続落した流れを受けて、日経平均は369円安からスタートした。寄り付き後には17747.50円(前日比793.18円安)まで下落する場面があったが、その後短期筋の買い戻しなどから下げ幅を縮小する展開に。前場の上海総合指数が節目の3000ptで下げ渋る動きを見せたこともあり、日経平均はプラスへと急速に切り返すと、一時18835.35円(同294.67円高)まで上昇した。ただ、後場再び下落に転じ、18000円を割り込んで本日の取引を終えた。日中値幅は1000円を超え、値動きの荒い展開となった。

大引けの日経平均は前日比733.98円安の17806.70円となった。東証1部の売買高は47億4004万株、売買代金は4兆9240億円で今年最大となった。業種別では、倉庫・運輸関連業が5%を超える下落となったほか、非鉄金属、鉄鋼が下落率上位だった。一方、上昇したのは空運業のみだった。

個別では、三菱UFJ<8306>、東電力<9501>、トヨタ自<7203>、みずほ<8411>、ソフトバンクグ<9984>など売買代金上位は全般軟調。ファーストリテ<9983>やマツダ<7261>、三菱商<8058>は5%超下げた。また、OCHI・HD<3166>、トランコム<9058>、イーブック<3658>などが東証1部下落率上位となった。一方、村田製<6981>、アルプス<6770>、第一生命<8750>などが堅調。任天堂<7974>は2%超の上昇に。また、コロプラ<3668>、イトーキ<7972>、リズム時<7769>などが東証1部上昇率上位となった。
《HK》

 提供:フィスコ

日経平均