市場ニュース

戻る
2015年08月25日14時37分

【市況】欧州大手証券、日本株に対し「中長期的には過度に悲観視することはない」との見方

 UBS証券では、世界同時株安を受け、「中国経済の先行き懸念と米国利上げの可否の綱引きによって引き起こされた混乱で、世界全体で株式からの資金流出の動きが顕著」と指摘。今までベスト・パフォーマーの日本株が利益の確定対象となっていることから、「単純に株から他の安全資産へのシフトであると見て間違いない」としながらも、特に日本に限定すれば「現在の株安は日本固有要因ではなく海外要因が飛び火した結果にすぎない」と解説。
 「株そのものからの資金流出が長期化すれば日本も傷が浅く済むとはいえない」とみているものの、企業業績は実績、予想ともに堅調に推移していること、内需を中心とした日本経済の底堅さや政策的なサポート期待もあることから、「中長期的には過度に悲観視することはない」との見解を示している。
《MK》

株探ニュース


日経平均