市場ニュース

戻る
2015年08月21日11時12分

【材料】<前場の注目銘柄>=石塚硝、「マッサン」効果が寄与

石塚硝 【日足】
多機能チャートへ
石塚硝 【日中足】

 石塚硝子<5204>は、16年3月期第1四半期(3月21日~6月20日)連結決算で順調なスタートを切った。ガラスびん事業はNHKドラマ「マッサン」効果でウイスキー向けの出荷が大きく伸び、ハウスウェア事業も鳴海製陶の子会社化が寄与するかたちで売り上げが拡大。営業利益は9億1100万円(前年同期比80.4%増)と大幅増益で着地した。

 足もとの好調さを背景に、第2四半期累計の連結営業利益見通しは従来の7億円から10億円(前年同期比2.2倍)に引き上げられたが、通期は従来の13億円(前期比64.6%増)を据え置き。増額余地は大きいといえそうで、今期3円復配(2期ぶり)予定である点にも注目したい。


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

日経平均